So-net無料ブログ作成
カメラ・写真 ブログトップ
前の10件 | -

マクロレンズで紅葉を撮影 [カメラ・写真]

久しぶりのカメラ・写真ネタ。12月初めに紅葉を撮りに行って来ました。その後upするのをすっかり忘れてしまいましたけど(苦笑)。ちょっと時期が遅れてしまいましたが、作例を上げておきたいと思います。

カメラはnikon D5000でレンズは今年購入したAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED。

ただ、撮影過程でやっぱりズームのがよかったんじゃないかな?と少し後悔。35mm換算で90mmですから広角が完全に死んでしまうんですよね。足でカバーと行きたいんですが、完全にカバーするのは無理で撮影するのを諦めた被写体もったのが心残り。まあ、これも良い経験として前向きに考えることにします。

koyo_2012_006.JPG

koyo_2012_005.JPG

koyo_2012_004.JPG

koyo_2012_003.JPG

koyo_2012_002.JPG

koyo_2012_001.JPG

ゲームネタ
WiiUを購入して気づいたことですが、DL版のゲームを購入しようとするとHDDが必須ということに気づきました。そしてどのHDDを購入すればいいのかな?ということに迷い始めているところです。ネット接続が有線なのとドラクエ10でUSBメモリを使用しているのでハブが必須になります。色々調査する必要がありますね・・・。ちょっと面倒ですねー。

マクロレンズ(AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED)購入。 [カメラ・写真]

以前から買うぞ~と言っていたマクロレンズをとうとう購入してしまいまいた。

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED。初のマクロレンズ&フルサイズ対応のレンズでもあります。おまけにナノクリ付き。これが5万円台ということを考えると安い?

nikon_micro60_01.JPG

日本製でした。タイの洪水の時に日本で生産していたロットですかね。
nikon_micro60_02.JPG

安価なものでDXの40mmマクロもあったんですが、あちらは手持ちの35mm単焦点と若干焦点がぶつかるのとレンズの先端部分(フォーカスリング?)が伸びるであまり被写体に寄れないという欠点があります。どうせならいいもの買ってしまえということでこちらを選びました。

レンズそのものは18-108ズームより少し軽い程度。取り回しには問題ないレベルでしょう。レンズの解像度は明らかに35mm単焦点より上ですねー。ナノクリの影響もあるんでしょうか。

使ってみた感じではAFがめちゃくちゃ早いです(笑)。AFのフォーカスモードはシングルポイントや3Dトラッキングの方が確実に早いです。オートだとAFが迷うようですので。

花を近くで取ろうとしても風が吹いてブレてしまったりとか、厳しい現実にも直面。撮影テクニックなんかをネットとかでちょっと調べて見る予定です。作例なんかはまた機会があれば公開する予定です。

以下作例。D5000との組み合わせです。三脚は使っていません。

ゴルフボール。バリアングルで撮影。
nikon_micro60_03.JPG
D7000にバリアングル付きような機種が出ないものかと祈っています(苦笑)

猫がぐだーっとしてます。
nikon_micro60_04.JPG

ミカンを間近で。若干露出をマイナス修正。
nikon_micro60_05.JPG

花を近くで撮りたかったんですが・・・、ちょっと失敗?
nikon_micro60_06.JPG

葉っぱを接写。
nikon_micro60_07.JPG

虫がたまたま近くにいたので撮ってみました。
nikon_micro60_08.JPG

スピードライトSB-700を購入。 [カメラ・写真]

一眼レフを持っていてふと気づきました。外付けフラッシュって必要なのかということに。実際調べてみると内臓フラッシュでも充分と言えば充分なんですが、真正面からしか照らせない為に、どうしても影が写ったり反射の痕が残ってしまったりと不満点もありました。

そこでついに購入してしまいました。ニコンSB-700。ご存知ニコン純正のスピードライトこと外付けフラッシュです。

SB700_01.JPG

まあマクロレンズ購入資金をこちらに回したということで・・・。タイ洪水の影響で値段が下がりません。マクロレンズは夏棒茄子の頃にということで。

ケースとスタンド、カラーフィルター、バウンスアダプターが付属。ケースはちょっと大きめ?
SB700_03.JPG

中身はこんな感じです。すっぽり入ります。
SB700_05.JPG

愛機D5000に装着。結構でかくなり、重さもレンズ込みで1kgを超えますね。この状態で外に持ち出すには勇気が入ります(苦笑)。しばらくは屋内撮影に使用予定。
SB700_06.JPG

電池は付属していませんが、単三電池のエネループを使用可能。これでほぼ問題ないかと。使い方に関しては初めてのスピードライトな為使いこなすにはちょっと慣れが必要です。付属品の中に作例集がありましたのでそれを参考にできればと思っています。作例に関しては後日いくつかUP予定。

おまけ
ファイエム覚醒、ハードクラシック、女マイユニで2週目突入。序盤から敵がこちらを殺しに来ます。支援をガンガンつけていかないと相当キツいバランスとなっています。でもトラキアの地獄に比べてばなんとかなるレベルでしょう。

皆既月食の撮影に挑戦 [カメラ・写真]

昨日12/10の21:45頃から皆既月食が始まりました。

せっかく一眼と三脚あるんだし、ということで撮影に挑戦しました。場所は自宅から。

おなじみnikon D5000とレンズはNikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR。
三脚は先日購入したSherpa535。

寒空の中、慣れぬ三脚を使いながら四苦八苦して撮影に挑みました。若干角度がおかしいのはご勘弁を。三脚使用時はライブビューが非常に便利だということに初めて実感。

月食が始まった頃。
tle_001.JPG

半分くらい。
tle_002.JPG

もう少しで・・・というところ
tle_003.JPG

と、順調にいっていたところでトラブル。
なんとバッテリー切れ

開始直後はフルだったのに・・・。前回の筑波山以降充電してなかったのが響きましたか。

撮影はここで終了となりましたが、経過は概ね満足。三脚の有難みを実感しました。ちなみに手持ちで撮影したのもありますが、どれも微妙な代物に・・・。

次の皆既月食は私が生きてるころに来るんでしょうかね?

筑波山に紅葉を見に行ってきた。 [カメラ・写真]

関東での紅葉シーズンがピークということで筑波山に友人と一緒に紅葉を見に行って来ました。

カメラはnikon D5000+便利ズームことAF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VRを使用。レンズはこれ1本のみ望遠とか単焦点を持って行くと良い写真を撮れるのは間違いないんですが、荷物が非常に重くなるのであきらめました。

本気で登山する気はなかったのでケーブルカーで山頂へ。
tukuba_026.JPG

で、せっかく来たんだから女体山と男体山に登ろうということで予定しなかった登山となりました。普通のスニーカーだったのでちょっとヒヤリもしました。こんなことなら他の靴を履いて来るべきでした・・。

女体山山頂に到着。岩肌がむき出しでちょっと怖かったです。
tukuba_046.JPG

山頂からの風景
tukuba_047.JPG
tukuba_052.JPG

その後男体山も登りましたが、女体山に比べて道中はちょっと辛いです。その反面山頂は休憩所のような感じでした。写真を取ったものの、逆光がひどくてまともな物が取れずorz。せっかく登ったのに・・・。

あと肝心の紅葉についてですが、山頂付近はほとんどなく、麓にはまだまだありました。
tukuba_004.JPG

紅葉のアップ
tukuba_112.JPG

おみやげが微妙なものしかなかったなど残念なところもありますが、たまにはこういった観光地に行くのもいいものです。

初めての三脚 [カメラ・写真]

一眼レフ所持者ならもっとけと言われる三脚をとうとう購入しました。当然買うのは初めてです。

ベルボンのアルミ三脚Sherpa535です。ちなみにヨドバシのこつこつと貯めていたポイントを一気に使ったのでわずか¥4,000強という激安価格での購入です。普通こんな値段じゃ買えません。

パッケージを開封するとケースと三脚&雲台、薄っぺらいマニュアルがあるのみ。
touch 001.JPG
ケースは所詮付属品という印象。まあ安いモデルなんで贅沢は言えませんね。

最初はカーボンを選択肢にも入れたんですが、値段が3万超えになるので予算オーバー、しかもここまで金を掛けて三脚を使うか?という考えが出た為安価なアルミにしました。Sherpa535にしたのは大きさ的に丁度よいのと雲台の性能がSLIKよりよさそうだったからです。あと重量が2kgを切っておりカーボンより少し重い程度ということもあります。雲台がマグネシウム製だからでしょうか?

触った感じでは足も太いし、しっかりしてる印象。私自身三脚が初めてということもありますが、色々いじっていればすぐに使えると思います。マニュアルには必要最低限のことしかないです。

D5000にクイックシュー装着。この状態でもバリアングルモニターは稼働可能です。
touch 002.JPG
ちなみに三脚に装着した状態でも大丈夫でした。

ローポジション状態。レンズは手持ちの中で一番重量のあるAF-S DX NIKKOR 55-300mmを装着。
touch 003.JPG
たこルカぬいぐるみは高さ比較と考えてください(苦笑)。

三脚装着での作例。D5000+AF-S DX NIKKOR 55-300mmでの撮影。絞りは開放状態。
fg 215.JPG

↑をアップにしたもの。ちなみに両方共シャッタースピードは1/2。手持ちじゃ絶対無理です。
fg 216.JPG

三脚の威力というか有り難さがよくわかります。悪条件での撮影では頼もしい存在なのは間違いないですね。唯一の欠点は重さと大きさ?

あとケース収納時にサンドティルトハンドルをパンハンドルの後ろに付ける必要があるとマニュアルに有りましたが写真のようにしてもぎりぎりケース内に収まります。
touch 004.JPG

エントリー一眼クラスならこの三脚で充分いけそうな感じです。フルサイズに移行とかない限りは買い替えの必要は感じないですね。とりあえず良い買い物ができたという印象。あとは耐久性ですけど、こればかりは時間をかけて使ってみないとわかりませんね。長く付き合っていきたいと思います。

あとゲームの話ですが明日はHaloとCoDMW3ですか・・・。

55-300の望遠レンズを購入 [カメラ・写真]

久しぶりのカメラネタ。

nikonの55-300mmの望遠レンズ「AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR」を購入しました。以前所持してた55-200mmは売却。
DSC_1310_01.JPG

結構でかいです。そして重量は500g台。D5000に使うレンズとしてはこのクラスがバランス的に限界でしょうか?

作例はまだですが、少し触ってみた感想です。
・表面の感触は55-200mmよりちょっと良い感じ
・レンズフードが18-55mmのキットレンズと同一の取り付け方。回して取り付けるタイプではないです。
・ピントリングが結構前に出てしまうため、保管時は少し面倒。せめてフォーカスリングがM/Aならば・・・。いちいちMにしないと手動で戻せません。
・レンズ口径が52mmから58mmへ。
・地味にマウントが金属。

とまあ触った限りではこんな感じです。300mmクラスの望遠レンズってこんなもんなんでしょうか。私自身は200mmまでしか触ったことがなかったもので。作例については今後色々撮ってみようと思います。ただ暗いレンズなので屋内撮影は相当きついですね。

新しいレンズ買った矢先というわけではないですが、D5000の後継機が発表されたようです。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110405_437422.html

センサーがD7000と同等、バリアングルが横開き、液晶の高画素化。などと色々パワーアップされていますね。ただバリアングルが横開きになってしまったせいでボタンのレイアウトが従来と変わってしまったのが気になります。これから初めて買う人にはよさそうですけど、私自身はD5000を使い倒すつもりですので買い替えは多分ないと思います。まだ買って1年ですから、もったいないです。

梅の花が咲き始めました [カメラ・写真]

2月ももう半ばを過ぎました。庭にある梅の花も咲き始めましたのでちょっとカメラで撮影。

D5000+DX18-105mmレンズで撮影。55-200mmは売却。そのうち55-300mmを購入する予定ですので。

つぼみの状態から撮影。
DSC_1200_01.JPG

少し開いた状態
DSC_1242_01.JPG

開花しました。
DSC_1252_01.JPG

開花したといってもまだわずかです。全て開花するのは来週以降でしょうか。まあ、たまにはこういった物をカメラにおさめるのも悪くないと思います。もっと綺麗に取りたいならマクロレンズを用意するのが一番なんですが、非常に高いのが難点です。

カメラバッグを探すのは大変 [カメラ・写真]

一眼レフを持っていると必ず必要になるのがカメラバッグです。しかし自分に合う物を見つけるのが非常に大変です。でもデザインと利便性考えると両立できる物が非常に少なかったりします。しかもかなり値段が高いです。DOMKEとか丈夫そうで出来は良さそうなんですが、非常にお値段が・・・。

そんな中先日鎌倉に行った時に選んだバックはニコンのカジュアルトートです。
http://www.nikon-image.com/products/accessory/camera_bag/120306998.htm

blog 100_01.JPG

よく入る上、ポケットも沢山あり(側面の方はペットボトルも入ります)、なおかつ普段出かける際に持っていけそうなデザインと個人的には言う事なしです。実は肩にかけたり、手でもったりできるカメラバッグというのは非常に少ないんですよね。それが実質¥6,000前後で購入できるのはありがたいです。私はポイント使って半額近い値段で購入しましたw。

実際に鎌倉に持っていった際には特に不満はなかったです。カメラ本体&レンズ、望遠レンズとその他小物類を入れても問題ありませんでした。レンズ1本入れても余裕がある状態ですので、今後出かける際にも持っていけそうです。

初めて単焦点レンズを購入してみた [カメラ・写真]

とうとうキットレンズから脱却して初の単焦点レンズを購入しました。

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gです。価格コムなんかでも評判が良く定番と言われてるようです。本当はもっと後で購入する予定だったんですが、今夏はボーナスが支給されるというので購入に至りました。この不景気ですからボーナスは出るか怪しかったんですが、出て嬉しい限りです。

左が望遠、真ん中が標準ズーム、右が今回購入した単焦点です。
blog 81.jpg
↑の通り、非常に小さく、さらに軽いです。取り回しは抜群。あえて言うならもう少し被写体に寄れれば文句なかったんですけどね。

作例については後日用意します。ちょっと時間がないので・・・。

レンズはここらで一区切りにしようと思ってます。色々考えるとキリがありません。

前の10件 | - カメラ・写真 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。